2019年11月ベトナム訪問①

こんにちは。ベトナム珈琲豆屋の山口です。
私は新商品の発掘や、コーヒー農家さんの訪問のため年に数回ベトナムを訪問しています。
今回は11月28日〜12月3日まで訪問してきました。目的は、おもに3つ。

①いつも輸入のお世話になっている通関・倉庫会社へのご挨拶
②面白いコーヒーを生産している農家さんへの訪問
③自家焙煎用のコーヒーを生産してくれている農家さんの訪問

ちょうど今、ベトナムはロブスタ、アラビカともにコーヒーの収穫期なので、農家さんは大忙しの日々ですが、収穫したコーヒーが出荷できるようになるまでの工程を同時に見ることができる絶好の機会なので、訪問させていただくことにしました。

ベトナム行きに初めてVietJetを使ってみた

さて、今回は、初めてVietJet Airを使ってのフライトをしてみました。
普段使っているANAやJALだと、東京〜ベトナムの往復は安いときで6万円前後。それがVietJetだと3万円以下で行けるというのですから、気にならないわけがありません。まぁ、LCCならではのディレイやシート間隔の狭さなどが気になっていままで躊躇していましたが、今回ためしに使ってみることにしました。

で、結論として、寝ちゃえば問題ないな〜、という感じでした(笑)。
機内食も飲み物も、モニターでの映画も無い無いづくしではありますが、空港で飲み物を買って、乗る前にご飯を食べておけばオッケー。シート間隔も確かにANAに比べて若干狭いと思いますが、それほど気になることもなし。強いて言えば、シートがちょっと固めなのか、ケツが痛くなりました(苦笑)。あと、30分ほどディレイしました。そして、成田までがやっぱりい遠い。ウチからだと2時間以上かかります。成田に近い人だったら問題ないですね。

とはいえ、これまで1回分の飛行機代で2往復できちゃうわけですから、経費削減に敏感な経営者としてはなかなか魅力的ではあります。時間に余裕があるときはこちらも積極的に使っていきたいと思います。

クリスマス真っ盛りの11月のホーチミン

到着したその日の夜は、いつもベトナムからの輸出でお世話になっている会社さんにご挨拶して、夕食は美味しいベトナム料理を久々にいただきました。この会社さんは某日本の上場企業なのですが、ホーチミンに駐在している日本人はたったの一人。Kさん、すごいですね。その彼が駐在満5年を迎える来月のタイミングで新任の方と交代するということでした。当社の輸入ビジネスはこのKさんなくしてあり得なかったので、本当に感謝しています。ありがとうございました。

まだ11月の終わりなのに、ホーチミン市内はクリスマスの装いがものすごいです。ということでベトナムのチキン料理もいただきましたが、おいしかったです。Ngon.

余談ですが、ついにホーチミンにもユニクロがオープンするみたいですね。パークソンの中に入るとか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました